新CAS(ACAS)チップの概要

 

◆方式の開発経緯              ※資料1

 

 

◆基本設計                   ※資料2

 

 

◆搭載方法                          ※資料3

 

 

◆ACASに関わる故障発生の懸念

 

 ・ACASチップの品質チェックについて     ※資料4

 

        ACASチップでは、ソフト面・ハード面の高い品質信頼性を確保するために、開発から量産までの段階で

   複数回の品質チェックを実施しています。チップ製造メーカーやテレビ受信機等の製造メーカーの協力を

   得ながら、エンジニアリングサンプル(ES)やコマーシャルサンプル(CS)を使ったテストを繰り返すことで、

   部品としての完成度の高い製品となっています。

 

 

 故障発生時の対応について          ※資料5

 

     高い信頼性を得るための品質チェックを経て、万一、ACASチップに起因する不具合や故障が発生した

   場合には、他の家電製品と同様に製品としての品質が保証されます。

     また、状況に応じて、新CAS協議会として、発生した不具合や故障による市場での混乱を少しでも軽減

   できるよう対策を講じることにしています。

 

 

◆ACASのコスト負担の考え方

 

 ・CAS方式の運用に関わる負担について  ※資料6

 

     1つのCAS方式を実用化するためには、まずは方式の開発・製造・管理運用・受信機製造の各段階に

   おいて費用の負担が発生します。

     また受信機に搭載される形式が、ICカードであればカード代として、ICチップであればチップ代としても

   費用が発生します。

     これまでのCASの仕組みでは、日本全国にある無料・有料の放送事業者とカード形式を採用した受信機

   製造メーカーが費用を分担して支えています。新CASにおいてもこの考え方は同じです。

 

 

 

   ※下記のリンクで総務省で開催された「新しいCAS機能に関する検討分科会」において配布された資料が

    閲覧できます。

    http://www.soumu.go.jp/menu_sosiki/singi/02ryutsu08_04000330.html

 

 

 

 

新CAS(ACAS) Q&Aはこちらへ

 

 

ACASコールセンター

 0570-05-4848(ナビダイヤル)

 受付時間:10時~18時(年中無休)